朝一番から証券会社の方が来られたり、

保険業界からも

「変額年金も金融商品取引法の規制がかかる」というお知らせがあったり、

また、とりあえず、9月29日まで資料を破棄せよ、や

3ヶ月の猶予期間に何をしたらよいかの指導、など

やや不明な点も多いが、すべきことが結構多い。

従来、私も証券会社時代は、

旧大蔵省証券局などと調整したことがあるが、

今は大変革。金融庁も業者が自分で判断してくれ、とか、

証券会社の担当部署も社内などからの質問だらけだが自ら

判断できないことも多く、

金融庁に質問もなかなかできず、途方にくれている。

証券会社も新法では、「金融商品取引業者」に変わってしまう。

過渡期の混乱だが、

3ヶ月の猶予期間で何とか制度が定着できるように願うばかりだ。