9月中間決算発表

まもなく、9月末がくる。

第一四半期は好決算企業が結構多かったが、

中間決算は全般的に良くない。

設備投資が夏には減速、サブプライム、円高、株安などで

足元の環境は悪い。

これからは連日業績修正銘柄が出てくるだろう。

投資家はここであわてず、通期がどうなってくるのか、

ナンピンするのか、長期保有か、あきらめるか判断のしどころだろう。

上場企業は、総じてタイムリーディスクロジャーの原則に

したがって公表してきている。

あとはきちんとIR体制ができている企業かどうかが大きなポイントとなる。

悪いこといいことがタイムリーに出ているIRサイト。

資料が入手しやすい上場会社。投資先の選別がIR体制で決まることが多くなった。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク