設備投資の不振

マスコミ報道を見ていると、

上場会社の利益率向上の記事が目立つが、

製造業の経営者に取材してみると、設備投資が今止まっているという話を聞く。

実際、統計でも設備投資額が減少している。

米国経済も先行き不安であるし、

今後は国内株投資は選別色がより強まってくるであろう。

個人投資家もこれからは株主優待、配当などで銘柄選択をしてきたが、

キャピタルゲインを狙うとなるとより研究が必要になり、

個人投資家向けのIR活動を行っている企業に投資が集中するような気がする。

この記事はカテゴリ:証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク