上場前には、株式の投資勧誘には目論見書を使用することになっている。

ところが、上場前の説明会やロードショーでは、

目論見書以外の書類を配布する例が圧倒的に多い。

しかもその内容は目論見書の内容を逸脱している。

使用が終わったらその場で回収している。

以前、不思議に思って東証に聞いてみたが、

知らないらしく主幹事証券の指導に任せているとのこと。

おかしいことはやがて修正される証券マーケットだが、

いずれ摘発されるのか、容認されるのか

どうなるのだろう。