スタッフの福島です。

低金利にしびれをきらし、資産運用の大切さが強く言われ出したころから、メディアに頻繁に登場するようになったFPの資格。

当初は、金融機関でなかば強制的にとらされていた感がありましたが、最近はメジャーになってきたようです。金融と関係ない仕事なのにこの資格をとって、名刺に記載している方をよく見かけるようになりました。「定年退職後も、一生やっていける仕事だと思うから」とのことです。

確かにFPは、年輪を重ねるごとに力を発揮できるものだと思います。学生の方も、仕事で必ず役に立つ場面がでてくるでしょう。 それに、アクドい業者のカモにならなくてすみますよ。多くの皆さんにトライしてほしいものです。 

FP
の受験をするには、規定の講習を履修しなければならず(約3ヶ月間)、ここが金銭的にも時間的にも大きなハードルです。
友人のFPが講師をつとめる講座(AFP認定研修20081月試験向け:相続支援ネット主催)は、かなりリーズナブルな料金設定で開講されます。
ご興味のある方はメールにて問い合わせてみてください。
ans@fp-answer.com / http://fp-answer.com