IPO予備軍転じて身売りでもよし

IPOの準備をしていても、途中で業績が悪化してしまうことも多い。

その場合、業績回復を待つのも手であるが、

社長の年齢を考慮して、

もっと事業を拡大してくれる企業に売却する例も増加してきている。

IPOとM&Aは実は背中合わせの仕組みだ。

経営者が自社を身売りしたい、ということを表立って言える時代になった。

この記事はカテゴリ:証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク