年度末に近づくと新規事業に関する問い合わせが多くなります。

従業員に対する新規事業開発の研修、すでにある事業部門での新規顧客を対象にした新しい戦略立案、新規事業そのものの提案依頼等。

従来の事業が先細りなので、新規事業を考えることは非常に重要だと思います。

ただ、時代とともに、求められる事業は変わり、求められる戦略も変わり、働き方も変わるので、必ずしも今の戦略は、将来そのまま生き残るとは限りません。

何が成功で、何が失敗かはその時代が決めることが多いからです。

今は追いつけ追い越せの時代ではなくなり、企業も生きていくのが大変な時代だと思います。