公平な企業情報の開示

米国では、ずいぶん以前から取り入れたFair Disclosureの制度が、

今頃になって検討されている。

特定のアナリストに重要情報を伝えた際に、他のアナリスト、投資家に不利益にならないように

IRサイトで公表すべきかどうかということが議論になろう。

決算見通し、新薬開発情報等、優秀なアナリストが深い洞察に基づき

工夫をして企業に質問をすると、質問された企業側は、

未公表の重要事実と企業サイドで決めた情報でなければ、

伝えることが多い。

伝える側に情報管理の厳格化を求めるようだが、

アナリスト側が委縮したり、企業側が沈黙することが多くなると

情報開示の観点からは、日本市場は閉鎖的で逆にインサイダー取引の温床だ

jと言われかねない。

運用方法の検討が必要だろう。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク