18歳選挙権が始まることで、各地の教育現場が揺れているようです。

例えば、様々な試みが行われいます。

高校生にどのように自分のこととして行動してもらったらいいのかと悩んだり、

高校生が政治活動に熱中して、授業に身が入らなかったどうしたらよいかと考えたり、

教育委員会の出前授業の実施をしたり

創意工夫がされています。

投票権がどれほど重要なのか、票がどのように政治に生かされるのか、

政治に参加するってどういうことなど高校生に知ってほしいことはたくさんあります。

過去にどれほど投票権を奪取しようとした歴史があったことか、ということを考え及ぶとと

ぜひ、高校生に実感してほしいですね。

実際、海外在住をしていた時、投票権をほぼ行使することができませんでした。

なんで!いつも日本にいるときは何の疑問もなく投票していたのに、

という残念な気持ちでいっぱいでした。

今まで、塾や大学などで多く採用していただいた当社のビジネスコミックですが、

18歳投票権についても漫画でわかりやすく表現したいと思っています。

地方自治体、教育委員会の皆様、ご検討くださいませ。