投資銀行業務のコスト削減で、アナリストがIR担当者に流れ込む(ただし、米国の話)

海外では、インベストメントバンキング業務のコストカットで、

アナリストがIR担当として転職が始まっています。

こういった状況は、過去何度もあり、

特に、セルサイドアナリストが、

大型株のIR担当として迎えられています。

でも、彼らの履歴書では、簡単にはIR担当としては、採用がスムーズにいかないようです。

 

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク