社内では、時給をベースにコンサルタントに報酬を払う

コンサルティング会社は、基本的には、

コンサルタントにはプロジェクトに参加した時間に応じて報酬を支払うのが良い。

その金額は、彼らの市場価値を反映したものであり、

優秀な人材を確保できるだけの水準に設定するべきだ。

ただ、プロジェクトに参加していない時期があれば、その間の報酬は原則としてゼロとする。

このように会社と個人の関係を創り出すとメリハリがついていいと思うのだが、

実際のところ、社内では個々人の時給を売上を比較することにより換算することは多いが、

報酬までその換算した額を支給する例はまだそれほど多くない。

 

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク