ポストM&A

昨年は、M&Aの件数が、かなり多かったのではないかと思います。

当社の取り扱っているバーチャルデータルーム(VDR)の取扱高が昨年

過去最高になりました。

M&Aでは、定量的に分析できる価値が重視され、

また安易なM&Aは身を滅ぼすため、ポストM&Aを考え、

自社のアイデンティティや企業文化、制度や行動規範を考える

企業が多くなりました。

従来は、ある投資銀行の方は、

「めでたく結ばれた夫婦の寝室に、我々が入るわけにはいかない」

と言っておられ、投資銀行の役割は案件の成立までだとしていました。

現在、ポストM&Aに力を入れておられるコンサル企業も増え、

お互いの緊密なコミュニケーションが重要であることが理解されましたが、

M&Aは、何しろ一部門が大量に中途採用したようなものであり、

組織が揺らぎ、不安定になるのは避けれられません。

ポストM&A、これからは、ますます重要視されるのではと思います。

この記事はカテゴリ:M&Aに投稿されています。パーマリンクをブックマーク