CSR投資について一考察

長年ある大学で日経ストックリーグの審査員をしている。

今年もCSRを視点としたポートフォリオもあった。

CSR投資はもうかるのか。

CSRがしばしば利益に結び付くかのように見なされているのは、

まだ本格的に十分な資源を投入している企業が少なく、

その費用対効果の限界が明らかになっていないともいえる。

CSRという規律は、社会や環境面で大きな貢献を果たすことができるばかりか、

実際多くの成果が上がっている。株主利益につながることもある。

しかし、CSRを熱心に行うことで、商品コストが高騰し、消費者が

これに不満を抱くとき、限界が訪れる。

 

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク