M&A後の経営

M&A後の経営が成功する確率は5割という調査結果があるそうだが、

M&Aをしなかった企業がどうなったか、ということも調査の対象に入れれば、

一般的には、M&Aのメリットはあると思う。

M&A成功のカギは、買収・合併後の組織統合経営をどうするかだろう。

M&Aの目的は、ステークホルダーにとっての持続的な企業価値の向上を可能とするためだ。

顧客へのサービスを高め、従業員の働くことの喜びを確保し、社会への期待に応え、

長期保有株主への投資価値を高めることだと、最近つくづく思う。

一部の投資銀行が、資本の論理を振りかざすのを聞いていて、辟易した。

この記事はカテゴリ:M&Aに投稿されています。パーマリンクをブックマーク