戦略思考の本質は差別化であると言えるだろう。

他社とは異なる独自性を打ち出してこそ、競争優位を獲得できる。

残念ながら多くの企業が同質化に陥っているようにみえる。

その最たる理由は戦略理論の一元的な理解かもしれない。

理論はテンプレートでしかない。

これをそのまま当てはめていては、生きた戦略は生まれない。

現実のダイナミズムにふさわしい戦略思考を養わなければならない。

最近はフレームをワークを破る経営戦略研修をすることも増えてきている。

もうフレームワークもバリューチェーンもあまり役に立たなくなってきたと思う。