資本市場への情報開示は、リスクも伴うが、チャンスも伴う。

義務付けられていない情報開示を実施すべきなのか。

自主的な情報開示によってどのような訴訟リスクが発生するのか。

情報開示によって、自社の株価を高め、資本コストを下げることができるのか。

義務付けられていない情報開示は、

資本市場にプラスの作用を及ぼしているという研究結果がある。

つまり、情報開示を進めれば進めるほど、資本コストがより低くなる。

また同様に株価変動も小さくなる。

情報開示は企業に少なからぬ利益をもたらしている。