買収とは顧客を買うこと

買収によって顧客を一括購入することと、

マーケティングや新店舗などの手段で

個別に顧客を手に入れることと比べて、

どちらが合理的なのだろう。

もちろん買収価格次第ではあるが、

どのような買い物でも、十分に安ければお買い得となるだろう。

ほとんどの企業は、成長を持続させようと買収に目を向ける。

でも買収は唯一の成長策でもない。

顧客収益性に敏感になれば、

これまでとは異なる買収先が見つけられるかもしれない。

最近、大手の買収劇の失敗を見て感じることだ。

この記事はカテゴリ:M&Aに投稿されています。パーマリンクをブックマーク