相続で分割を考えるうえで知っておきたい重要な方法が価額弁償ですね。

遺贈に対して遺留分による減殺請求がされている場合でも、

各共同相続人の取得財産の範囲が具体的に確定するまでは、

受遺者の課税価格は、その減殺請求がないものとして計算した金額によります。

確定しますと、遺留分義務者は、更正の請求により相続税の還付を受けることができます。

法定申告期限から5年経過後であっても更正の請求は可能とされています。

遺留分については、民法の権利ばかり強調されますが、税務も関係してきます。

注意すべきポイントです。、詳しくは税理士にご相談ください。