最近のアニュアルレポートの傾向

ここ数年、アニュアルレポートの質が全世界的に向上している。

というか、アニュアルレポートの内容が標準化していると思う。

アメリカからのレポートだが、アニュアルレポートのが世の中に出てきた当時は、

良いアニュアルレポートというのは、欧米の会社のものだった。

1998年には、トップ20社のうち、13社が米国だった。

最近では、北欧の企業のアニュアルレポートが特に評価され、

トップ50社のうちの4割が、スカンジナビア諸国で、

またドイツ語圏のレポートは安定しており、

フランスやオランダの企業が躍進してきおり、

英国企業はようやく回復してきたという感じだ。

10年ほど前は、アジア諸国のアニュアルレポートは

トップランキングには、ほとんど見かけなかったが、

今年は、トップ400社のうち21%が日本を含むアジアだ。

日本は10%を占めているのだが、10年前は6%もなかった。

特に、マレーシア企業がイタリア企業を追い抜いたのが今年は目立つ。

10年前に比べるとアニュアルレポートのでき具合の差がかなり大きく開いている。

今年は日本企業のアニュアルレポートの発行のピーク時期を終えたが、

来年はもっと海外のアニュアルレポートの参考となるべきところを

見習う必要がある。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク