株主優待銘柄を避けて投資しないといけない投資家もいる!

株主優待を導入する企業が増えている。

この9月に新設に導入する企業もある。

また優待銘柄に好んで投資する投資家も多いのも事実。

しかしながら、優待銘柄であるがゆえに、投資対象から外さざるを得ないと考える投資家も多い。

個人投資家でも優待の権利を付与するまでの株数を投資しない投資家や、

一部、外人投資家だ。

個人の場合は、最小単位で投資したい方も多く、優待の権利は、単位株数の3倍、5倍からというケースがある。

外人投資家は、ほとんど、優待の権利を使うことができない。

どうしても、株主優待の権利が落ちた際には株価が下がってしまうケースがある。

もちろん、すぐに優待落ちしても株価が戻るケースが多いが、

できれば、増配で株主還元をしていただいた方が、

投資家としては使い勝手が良い。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク