上場準備企業の資本政策

上場準備企業へのベンチャーキャピタルからの出資が活発化している。

なかには、予定金額を大幅に上回る金額を調達できた企業もあると思われる。

上場準備企業には、様々な資金調達方法や、資本政策があるので、

ニーズと金額に応じた資本政策を実施されればと思う。

株主構成を変えるための資本政策も重要だ。

株式譲渡、第三者割当増資、ストックオプション、社債、新株予約権付き社債、

株式分割など10種類以上の方法がある。

そういうこともあり、上場経験者、CFO,IPOコンサルタントの方々は今は忙しい。

どの会社もそれぞれの資本政策に基づき、ニーズにあった上場ができればいいと思う。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティング, 証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク