日本人と付き合うには、我を忘れるほど一緒に酒を飲め(The Sunday Times)

先週7月13日の英国のThe Sunday Timesを読んでみると、

http://www.thesundaytimes.co.uk/sto/public/Appointments/article1433385.ece

アングロサクソン人が日本人と付き合うには、我を忘れるほど一緒に酒を飲めば、

何も隠していないことが分かるので、良い関係ができると書いてあった。

One Japanese businessman quoted in her book explained the best way for an Anglo-Saxon to build connections with his countrymen: “Drink with them . . . until you fall down.” Being willing to lose control shows that you have nothing to hide.

日本人は、何かにかこつけて酒を飲む。

それも酔っ払うほど飲む。

私も30年ほど前に中国に留学をした際に、酔っぱらいは嫌われていたのを実感したし、

英国在住中も、酔っぱらいは嫌われていた。

日本人は酒は弱いのはわかる。

でも、自分のことを考えてみると、

今まで何億円分のアルコールを胃袋に投下したことだろう、

反省、猛省、自省してしまう。

この記事はカテゴリ:日本橋一丁目日記に投稿されています。パーマリンクをブックマーク