M&Aのデューデリジェンスで使われるVDRの利用頻度は毎年向上している。

一方で、アフターM&Aで続けて利用いただくVDRの利用頻度は

今年に入って劇的伸びている印象がある。

ポストマージャーまでファイナンシャルアドバイザーがしっかりと

コンサルティングを行っているということだろうと思う。

VDRという文房具だからこそ、セキュリティた最も高く、

安価で提供できるようになっているということが、

ご利用いただいているポイントではないかと思う。

当社自身も、比較的小規模のM&Aの案件のご依頼を

様々な企業、団体からいただく。

このVDRとM&Aのマーケットは日本ではこれからますます拡大していきそうだ。