上場準備企業の情報開示体制の確立

先週は、初値が公募価格を割る新規上場企業がIPOをしました。

上場する際には、タイムリーディスクロージャーなど

情報開示体制を確立しておかなければなりません。

IRに関しては、上場直前には、

主幹事証券のいわれるままの機関投資家にロードショーに訪問せず、

上場前のアナリスト説明会には、目論見書の範囲内でどれだけ表現するか、

公募価格にはきちんと自社の主張ができるかがポイントとなります。

特に、長年上場準備していた企業は、

なかなか初値や上場してしばらくは思うような株価がつきません。

せっかく何年もかけて上場にたどりつくのですから、

直前の1年くらいはしっかりとIRについて知っておいた方がいいのではないかと思います。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク