O2O時代のコマース

日本の138兆円とも言われる消費市場で、半分はO2Oの時代になってきている。

オンラインとオフライン、スマホを利用したコマースが主流になりつつある。

また、シェアリングエコノミーの様に、Peer To Peer マーケットが広がってくると、

売る側にパラダイムシフトが必要とされる。

人口減少、少子高齢化が進むなか、

企業経営者もビジョンを明確にしてコマースを考えないといけない

時代になってきていると思う。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク