統合報告書

アニュアルレポートやCSR報告などをまとめたような統合報告書が増えてきている。

しかしながら、統合報告書の内容要素としては、以下のことが書かれることになっている。

「組織の概要と外部環境、ガバナンス、ビジネスモデル、リスクと機会、

戦略と資源配分、パフォーマンス、見通し、作成と開示の基礎」

これらは、経営者がうなりそうな内容ばかりだ。

企業の活動内容と方向性をまとめるには良いコミュニケーションツールだと思うし、

また外部の方にも参考になる内容だろう。

正確に理解したうえで、年々統合報告書を作成する企業が増加していくだろう。

 

この記事はカテゴリ:IR, 経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク