中小企業の身売り

昨年後半から、中小企業の経営者からの自社の売却、

事業譲渡の御相談が比較的多く入ってきます。

多くの場合は、その原因は、後継者難、資金繰り悪化、

事業の勢い不足といったところでしょうか。

ただ、お話が進むにつれて、やはり売却することを断念されることが多いです。

最後はやはり売却は忍びないということになるようです。

本当にお客様のことを思い、経営者の心象風景を共に眺め、

寄り添いながらやっていかないとうまくいかない。

唯一絶対これが正しいという答えのない仕事。

お互い納得づくでやることによってやりがいが出るのでしょうか。

日々悩みながらやっています。

この記事はカテゴリ:M&Aに投稿されています。パーマリンクをブックマーク