当社の扱っているバーチャルデータルームは、

SmartRoomという名前の米国BMCgroupの商品だ。

日本語のインタフェースを最初に導入し、

データのホルダー、ファイルのドラッグ&ドロップがスピーディーで、

ストレスなくアップロードできる。

現在は、大規模のM&Aのデューデリジェンスで使われることがほとんどだが、

アナログの紙のフィジカルデータから、バーチャルデータに移行が急速に進んでいる今日、

他の用途での使い道もお客様からご依頼もある。

バーチャルデータルームを利用すると、時間、交通費、人件費がかなりの程度節約できるため、

M&Aがグローバルに展開することが増えているので、毎週のようにご依頼をいただく。

今年はバーチャルデータルームのご利用が加速していきそうだ。