生命保険の比較販売が認められることになったようだ。

というよりも金融庁は積極的に保険の代理店に比較販売してほしいように聞こえる。
そのため、保険代理店の販売がより詳細にするように規則が変わるらしい。

従来は、生命保険を比較販売していると金融庁からおとがめがあった。
おそらく生命保険は同業他社と比較しにくい、保険営業員が保険商品を熟知していない、
生命保険業界各社を守るため同業比較させたくない、などの事情があり、
生命保険を比較販売することが許されなかったのだ。

180度の方針転換のようにも見える。

これからはよく比較してより有利な方を販売しないといけないということなのだろうが、
正確に比較するには、各社の保険料に入っている利益なども開示しないと、
単純な保険料比較だけだと生命保険のメーカーとしての生命保険会社の
実態が分からず、本当の比較にならないと思う。