統合報告の記載内容

統合報告は、企業の長期的・持続的な価値創造能力に関して
簡潔に投資家に伝えることを目的としている。

したがって、端的にわかりやすい言葉で述べなければならない。
J-SOXと同じように、そこには、マトリックスが示され、
最低限記載すべき具体的な内容が7つあり、
それを6つの基本原則で記載することになっている。

これで、企業価値を判断することにもなる。
今、来年度の統合報告について、その制作をどうしようか
悩まれている企業も多いと思う。

単にCSRレポート、アニュアルレポートの合体版ではなく、
思想を持ったOne Reportに仕上がることを目標としてほしいと思う。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク