当社への生命保険会社の営業からのアプローチが絶えない中、
ふと生命保険会社のCSRについて考えてみた。

社会の持続的発展に寄与している点や、機関投資家としてSRI投資をされるようであれば、
確かに生保業界はCSRの側面では、重要なentityだと思う。

ただ、日常の営業社員の活動を見ていると、
到底CSRを認識しているとは思えない方々も各社おられるようだ。

生保の社会的存在をきちんと認識したうえで営業されると
顧客の理解も進み、より販売もスムーズになると思う。

そろそろ来年度のCSRレポートなどの予算取りが始まり、プレゼンをさせていただいている中で
制作サイドでお会いしているCSRの担当者の方と、現場とは、
生保業界では、まだまだかい離があるのではないかと思った。