株式市場が好調なので、
増資用の事業計画書の作成の引き合いが増えてきています。

増資用は将来のビジネスプランができていないと、
なかなかこちらのアイデアだけではできないものです。

事業計画書は、依頼主ときちんと情報交換して、
希望にあったビジネスプランを書かないといけません。

エグゼキュティブサマリーから、ビジネスポートフォリオ、リスク、ファイナンス計画など、
内容はかなり多岐にわたります。

しかしながら、今は、増資も融資も新規ビジネスに対しては、
お金が出ることが多くなったと聞きます。
IPO、創業・起業、少し今年は期待が持てそうです。