期末の決算対策

3月末を迎え、そろそろ決算対策をされる経営者の皆様も多いかと思います。

思い切って、経費を使われる企業、最後まで利益をねん出しようと努力する企業、
それぞれ悩みが多いと思います。

基本的には、企業は継続することを再前提に考えるので、
中期的な財務戦略を最重要視したいですね。

損益計算書も大事ですが、貸借対照表の流動比率や固定資産の中身。

万が一の際やBCP対策の一環としても、
売上がなくなった場合、もしくは、産業が突然死した場合の
販売管理費の中の固定費の準備は、されていらっしゃるでしょうか?
どの資産から流用されますか?

一度、じっくり考えて見られたらいかがでしょうか?

この記事はカテゴリ:保険に投稿されています。パーマリンクをブックマーク