外国人投資家の日本株買い越しが続くなか、
英文アニュアルレポート、英文決算短信に引き続き、
タイムリーディスクロージャー、いわゆるIRニュースなどの
英訳も活発にIRホームページなどで公表されるようになってきた。

案外、外国人投資家は日本の企業のディスクロージャーを
気にして見ており、今までは多くの場合、
アナリストなどを通じて情報を入手していたが、
発表からあまり日をおかずに
上場企業が英文でディスクロージャーをホームページで
発表されることに関心を持ってきているようだ。

当社でも、短いものであれば即日翻訳をしているが、
案外IRニュースは同業も同時に同じような発表をすることが多く、
時期による繁閑の差が大きい。

今更だが、経営もグローバルしているのだから、
ディスクロージャーもグローバルに発表する習慣が
日本企業にも根付いてきている。