米国も日本で言う「保険月間」というのがあるようです。
それが9月だったようです。
ニッセイ基礎研究所様のレポートにありました。

あまり売れなかったのでしょうか、米国も生保離れで生保会社が危機感を感じているようです。

共稼ぎの多い台湾では、死亡保障より医療保険が売れているようです。

日本の生保も海外進出を活発化させています。

日本に進出しいる海外生保も、
例えばアイエヌジーアジアの株主も変わりそうですし、
なかなかうまくいっていない外資系生保もあるようです。

各国のデモグラフィックスを考え、
文化・習慣を考えながら生保も変化して行かないと、
生命保険会社の経営も大変です。