中国での集団抗議行動の中心は、
バーリンホウ(80後、80后)、ジュウリンホウ(90後、90后)の方々らしい。

80年代以降に生まれた一人っ子政策時代の若者は、サービス業やホワイトカラー職を目指し、
大半が都市部で生活したいとの希望を持ち、また親世代とは異なる価値観を持っており、
無職もいとわない。

私は、1980年代前半に中国の大学に留学していたが、
その時代の学生世代とは隔世の感があるようだ。

中国国内での世代間格差、なかなか制御しにくいのだろうと思う。