優良なIR活動で健全な市場を

日本は、「インサイダー取引」なんて言葉がないころから、

ただいま現在まで、ず~と、東京市場は、インサイダー取引の温床だ、

と海外投資家から言われてきました。

証券取引所での出来高でこそ、その割合に占める外人投資家数は増えていますが、

それでもインサイダー取引をしていた外人投資家もいたのですね。

上場企業には、どの企業にもIR担当者がいます。

きちんとしたタイムリーディスクロージャーで、

投資家に向けて豊富な情報を流せば、

日本市場ももっと透明性の高い良い市場になると思います。

IR担当者に高いモチベーションを持ってもらい、

一部の企業のみのIR活動ばかり賞賛されているという現状を

打破していく必要があるのでは、と個人的に思っています。

当社もいろいろと解決策を練っているところです。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク