日本版ISAの行方

2014年から導入される予定の日本版ISAですが、

いま一つ国民の盛り上がりがないというか、

マスコミにもあまり取り上げられません。

日本版ISAに関して、

同友会が提言したり、パブリックオピニオンを募集したりしている最中なので、

これから様々なことが明らかになってくるということでしょう。

また、制度が時限的なことであったり、

証券会社などの金融機関のシステム対応が必要なので、

国民にとっては、いい制度なのかもしれませんが、金融機関のアピールも足りないようです。

もう少しわかりやすい説明が、これから投資家等に必要になってきそうです。

この記事はカテゴリ:未分類に投稿されています。パーマリンクをブックマーク