M&Aの手法の変化

ここ数年でのM&Aの手法の変化でいくつか目立つことがあります。

まず、非上場化のディールが増加しています。
また、手前みそで恐縮ですが、
デューデリジェンスにおいてバーチャルデータルームが導入されてきています。
そして、近年、事業承継の案件が急増中です。

M&Aの御相談が増えてきていますが、
「ディール」、「案件」ということで片付けずに、
ご相談者の立場を最重要に考えて、
できる限りニーズを合致させるM&Aにするように心がけています。

この記事はカテゴリ:M&Aに投稿されています。パーマリンクをブックマーク