大阪地検特捜部証拠改ざん事件で思うこと

裁判所は世論を気にして判決を出す傾向にあるし、

特捜部はどうやら組織を守るために証拠改ざんをしたようだし、

司法業界は問題が多いと思う。

法で裁かれる人の立場になって考えると、以前もここで書いたが、

取り調べの見える化はぜひ必要だろうし、

調書の恐ろしさで何もしゃべれなくなることも多いらしいので、

調書の制度も改善していく必要があろう。

予断を持った取り調べなど、これでも法治国家かと思われることも多い。

司法試験がどうなっていくかなど、

司法業界はもっと一般市民と対話して改革したほうがいい。

今日は、ある大学の会合に出ているが、

大学もかなり改革が進んできたとは言えるが、

まだ、保守的な動きしかできないようだ。

 

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク