いろいろなところで講演をしていますと、

われながら統計の重要性を感じます。

デモグラフィックス、GDP,金利、為替など数値を並べることで、

それなりのロジカルシンキングになっていきます。

もちろん数字がすべてではありませんが、

「この国ではこのマーケットはだめなんだよ」

とか

「こういう統計ではなく、自分の感情で考えるのがいいんだ」

などと言われる方がいますが、

いざ根拠を聞いてみると独りよがりのような意見が多いのも事実です。

私も証券アナリストやMBAの勉強で、

どうしてこんな統計の勉強をするのだろうと思っていましたが、

この数年、統計の重要性に気がつきました。

学んで無駄ではなかった科目の一つです。