バーチャルデータルーム

当社は、機密情報管理のためのバーチャル・データ・ルームの提供を昨年より行っています。
米国のSmartRoomというバーチャル・データ・ルームを販売しています。

1.機密情報を社外に公開する際に使用されもので、M&Aの際のデューデリジェンス、
ファンドの資金調達や投資家へのレポーティング、
IPOの際の上場審査手続き、製薬会社のパテントの売買、不動産の売買などで使われ、
米国では全M&A取引のうち85%のシェアで利用されています。
世界TOP 50の銀行すべてで利用されている。
すでに日本には従前よりお客さまもおられ、主な顧客層は、大手証券会社、
インベストメントバンカーや航空会社などなどです。
 
2.社内における情報管理ツールとしても利用され始めており、
中堅企業による利用が拡大してきています。
たとえば、経営幹部のみで共有すべき情報の管理などにも拡大していっています。

M&Aのデューディリのみならず、企業内の情報管理、企業内情報のバックアップ、
情報の外部とのやりとりが必要な企業様、
ぜひ当社にお問い合わせくださいませ。

この記事はカテゴリ:M&Aに投稿されています。パーマリンクをブックマーク