決算前に保険の検討を

3月決算に備え、自社の財務状況を見直す経営者も多いと思います。
様々なことをやりくりする時期ですね。

この時期に登場する商品は、生命保険です。
保障とその保険料の処理の関係で生命保険を利用する企業が多くあります。

損益計算書、貸借対照表にどう表現されるか。
非常に重要です。

いろいろと経営者から保険の相談をされる時期です。
税制改正のリスクもあるため、きちんと理解したうえで加入すべきですね。

この記事はカテゴリ:保険に投稿されています。パーマリンクをブックマーク