サーチ会社

今でもサーチ会社からヘッドハンティングのお話をいただく。

以前と違って、経営者として行かないかという話だ。
経営者として赴くことについては異論はないのだが、
どこの会社の経営をするかが非常に重要。
しっくりこなくても自分が経営することによって、
より企業が発展できれば、と思わないこともない。
ただ、それは入ってからの話なので、リスクが高い。

ということで、経営者の候補としてお声をかけていただくのはありがたいですが、
なかなかお話がまとまりません。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク