株式上場を目指される経営者へ

昨年、新規上場企業数が若干増加し、
また香港などでの新規上場企業の様子を見て、
今年、新年の決意として、株式上場を目指すことを決めた経営者も
おられると思います。

株式上場には、当然のことながら、業績、コンプライアンス、
予算制度などなど今までに経験したことのないようなことを
整備していかなければなりません。

当社も、今まで、何社かお手伝いしてそれらの企業は上場を果たされました。

ここ数年で上場する際に重要なことは、
実態のあるコーポレートガバナンス、
真のコンプライアンス、
タイムリーディスクロージャーのできる体制づくり、
だと思います。

上場企業の社外取締役をさせていただいて思ったのですが、
上記3点は、思いのほか難しい。
社内全体をきちんとした方向にもっていく経営をしていかないと、
経営者一人ではどうにもならないことがある。

これからの上場は、経営者は業績だけよければいい、
と思っていたらだめな時代ですね。

この記事はカテゴリ:証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク