コンサルタンティング受難の時代

弁護士、税理士などの士業の方、また、将来コンサルタントを目指している方など、
いわゆるコンサルティングビジネス周辺のお仕事をされている方々は、
現在、かなり商売が難しくなってきてることを目の当たりにされていると思う。

今は、モノが伴う、もしくは他で支払っていたのを入れ替えるなどでなければ、
企業は資金を出せない。
アドバイスしてもらうことなどは社内で調べ物をすることによってそれでよしとしている。

士業も、さまざまなサービス、無料のアドバイスをすることによって、
顧問契約を結ぼうとしている。
顧問契約は、他でやっているのを入れ替えてもらっているだけだ。
また、いろいろとコンサルティングすることによってソフトウエアを販売している。
その他には、費用削減をさせることによって、
その削減額のいくらかをもらっているコンサルティング会社も多い。

一方で、コンサルティング業界に入ろうとしている人のお話を聞くと、
準備ができていない、コンサルティング業をやり始めた方のお話を聞いても中身がない。

コンサルティングビジネスは、アドバイスのみでは、
生きていけない時代になってきている。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク