IRのアドバイス以前の問題

大王製紙、オリンパスなど、そもそも情報発信をしない、
もしくは情報発信が誤っている会社に対しては、
IRの側面でアドバイスする方策が全くない。

そもそもそのような企業にはめぐり合う企業がなかったが、
実際のところ、多くの日本の企業の取締役会は形骸化しているのではなかろうか。

私も何社かの上場企業の取締役会に出たことがあるし、
私自身も上場企業の社外取締役に就任したこともある。
私のような社外の人間が取締役会に入れていただける会社は、
きちんと取締役会でさまざまな議論がされているが、
サラリーマンで上司、部下であった人間ばかりの集団であれば、
こういうことになってしまうのかと、愕然とする。

金融庁や、証券取引所は、規制強化をするのではなく、企業にコーポレートガバナンスがの
意味がわかっていただけるような啓発が必要なのではないでしょうか。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク