突っ込みどころが多すぎるオリンパス

そのうち全容が解明されるのだろうが、今回のオリンパスの買収劇。

わたくしなんか、M&Aをやっている業者がこんなに儲けていいの?
という感じがする。きっと、何かあるぞ、という感じだ。

デューデリジェンス、フィー、買収対象企業の選定とその企業の将来性・成長性、
シナジー効果など、疑問だらけの買収。

ついでに、大王製紙も実態が解明されるだろう。
元会長は、私の知り合いの経営者に近づいて、
出資したい旨を以前言ってきたらしい。

日本には、変な規制も多いが、これらの事件は、
グローバルな視点で考えてみても?と思われる事件だと思う。

この記事はカテゴリ:M&Aに投稿されています。パーマリンクをブックマーク