上場企業を取材してみて

おおよそ1週間に1社程度の上場会社の社長にお会いしています。
上場して素晴らしいのは、良い人材が集まり、どんな危機に面しても、
必ず様々な経営戦略を打ち出して、戦術を考えることができることだと最近思います。

様々な業種の社長にお会いしますが、
どうしても多くの業種で東関東大震災の影響は免れません。

また今期に限っては、特に業績予想が難しそうで、
なるべく保守的に出そうとしている姿が見えます。

多くの上場企業は、震災で懸念される悪影響は業績面では、どんどん払拭しつつあります。
これからは、グローバルへグローバルへとなるのでしょうか。
多くの上場企業は地道に海外ルートを発掘していっています。

第2四半期のアナリストレポートをまとめながら、
様々な企業の経営戦略を垣間見ることができ、
自社の経営の弾みになればと思っています。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク