海外ビジネス展開力

私の周りで、海外ビジネス展開について、
日本の中小企業等向けにコンサルティングをしている方々の数が増えている。
進出アドバイス先は、フィリピン、ラオス、カンボジア、中国、ベトナムなどなど。
中小企業にとっては、ありがたいことだ。

企業経営者にとって気をつけないといけないのは、
海外で何をしたいのかをあらかじめじっくりと考えておかないといけない。

多くの場合、海外進出しようとして、事前に海外に視察に行ったのはいいが、
結局、物見遊山として終わってしまい、海外出張費も、永遠に回収できなくなることだ。

今や、東南アジアであれば、どの国でも日本人の専門家はいる。
経営者は将来の構想力を持って海外進出してほしいと思う。

かく言う当社も数ヶ月前、チャンスがあり、インドでBOPを始めようと思ったが、
ビジネスプランが思いつかず辞めてしまったことがある。

将来こうなるであろうと思う「構想力」。
経営者の皆様、じっくり考えるお時間はありますか?

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク